エルダー

エルダーは日本ではニワトコとも呼ばれるハーブで、日本では縄文時代の遺跡からニワトコの果実がつめられた土器が発掘されているほど、古くから親しまれています。庭に植えられていたり山野に普通に生えている木で、4月から5月ごろに白い小さな花を房状に咲かせ、6月から7月ごろに赤い実をつけます。果実を果実酒やジャム、ワインの材料にするほか、若い芽をピクルスにしたり、若葉を山菜として食べたりします。ハーブとしては花を乾燥させてハーブティとして使います。坑アレルギー作用があるとされ、他のハーブと組み合わせて花粉症や鼻炎に、発汗作用があるので風邪の症状の緩和に効果があるといわれています。また、エルダーは外用では皮膚炎や傷の治療、保湿効果もあるのでシミ、シワ、にきび対策に効果があるとされています。ハーブとして使うエルダーの花は、葉や果実と区別するためにエルダーフラワーという名前で販売されていることもあります。エルダーのハーブティーはとても香りがよいため、アロマテラピーのような効果もあり、不安や欝な気持ちが和らぎ、緊張がほぐれて安眠できるといわれています。万能の薬箱とも言われ、幅広い効能で知られたハーブです。

コメントは受け付けていません。