エキナセア

エキナセアは近年、坑ウイルス作用があるということで注目が高まっているハーブです。紫色の花をつけるキクの仲間で、北米のネイティブアメリカンが風邪などの予防に使ってきたハーブです。ハーブとして利用されるのは主に根で、乾燥させたものを煎じてハーブティーにしたり、抽出したエキスを使います。坑ウィルス性、抗菌性、免疫強化性があるとされ、サプリメントとしてもも販売されています。エキナセアと言ってもいくつか種類があるのですが、最も効果が高いのはエキナセア・パープレアです。エキナセアのサプリメントを選ぶときは配合量はもちとん、エキナセア・パープレアが使われているかも気にしたいところです。風邪やインフルエンザの予防には、流行が始まる時期から一ヶ月ほどエキナセアを摂取するとよいでしょう。完全に防ぐことはできなくても、エキナセアを摂取していると症状が軽く済むといわれています。病気を防ぐ効果があるというとたくさん摂取したくなりますが、多量に飲むとめまいや吐き気を感じることもあるのので注意が必要です。また、自己免疫系疾患を持っている人、妊婦や授乳中は使用しないでください。

コメントは受け付けていません。