アロエ

鉢植えで育てている人も多いアロエは、日本でも古くから火傷の外用民間薬として親しまれているハーブです。アロエというと一つの植物の名前のようですが、実際は300種類、または400種類以上存在する多肉植物の総称です。日本で親しまれているアロエにはキダチアロエとアロエベラがあります。キダチアロエは観賞用として育てられるもので、俗に医者要らずと呼ばれてきました。健胃効果がある、便秘に効果があるとして内服に、怪我や火傷に効果があるとして外用に使われてきました。しかし、体質によっては胃炎を起こしたり、怪我ややけどを悪化させることもあります。また、至急収縮さお用があるため、妊娠中の使用は避けるべきです。アロエベラは食用としておなじみのアロエで、ヨーグルトによく入っています。また、保湿効果があるということで、アロエベラのゲルが化粧品、ティッシュ、石鹸、増毛剤などに利用されています。薬用や食用として親しまれているだけでなく、独特な葉や冬になると咲かせる花は観賞用としても楽しめるため、日本だけでなく海外でも広く栽培されています。

コメントは受け付けていません。