オレガノ

オレガノは花ハッカとも呼ばれるハーブで、ハーブというより料理に使う香辛料として有名です。ほろ苦く清涼感のある香りで、トマトやチーズとの相性がよく、イタリア料理には欠かせないハーブの一つです。使うのは葉と花で、料理に使う場合は乾燥したものもフレッシュのものも使われます。葉はハーブティとしても利用されます。風邪、気管支炎、頭痛、生理痛、口内炎、消化不良など、さまざまな効能がありますが、薬効が非常に強いため使用量には注意が必要です。また、外用すればニキビにも効果があるといわれています。非常に香りが強いため、古代ギリシャの人たちはオレガノの精油を入浴後の髪や頭につけてマッサージし、香りを楽しんでいました。また、古代エジプトではミイラを作るときの防腐剤にくわえられており、かなり歴史の古いハーブであることがわかります。幸福のシンボルともいわれるため、ブーケやリース、ポプリとして楽しむという利用法もあります。効能が広いうえ香りを楽しむこともできるハーブですが、オレガノは非常に刺激が強く、子宮収縮効果もあるため、妊娠中は避けたほうがよいでしょう。

葉03

コメントは受け付けていません。